So-net無料ブログ作成
検索選択

ちょっと他楽団の見学へ♪ [Clarinet]

数年前から∮吹奏楽団に入団しているルビィ。

それはそれとして、この楽団とは別の楽団の見学に行ってきました。

∮吹奏楽団を退団するつもりは全然ありません。
この楽団は団員数も多くて活動も盛んです。
今やライフワークみたいになっているのでこれからも続けていくつもりです。

ただ、団員数が多いなりのデメリットもあるんです。

変な言い方ですが、全員がパーフェクトに吹けなくても大丈夫なんです。
1人1人に吹けないところが多少あっても数でカバーできるというか、なんとなく
“吹けている感じ”になれてしまうんですよね。

それで助かっていることは事実なんですが、それでいいの?という気もあって…

 

そんな時にたまたまこの別の楽団インターネットで見つけました。

ここはものすごく小規模な楽団です。
全パートが団員を募集しているほどギリギリの人数しかいません。
でもきちんとスケジュールを組んで練習しているし、団員たちのモチベーションは
それなりに高いようです。

とりあえず、見学の申し込みをして行ってみることにしました。

 

行ってみると、本当に小ぢんまりとした楽団でした。
「今日は出席率が高い方なんですよ~」とのことでしたが、それでこの人数しか
いないということに驚くほどでした。 

楽器を持って行ったのでいきなり合奏にも参加させてもらいました。
ルビィのClarinet もやっぱり人数は少なくて、1st・2nd・3rdと3つに分かれて
いるパートをそれぞれ1人ずつで吹くような状況でした。

で、合奏が始まってみると…

   [るんるん][るんるん][るんるん][るんるん][るんるん]

予想していた以上に自分の音がよく聴こえました。
自分だけじゃなくて同じClarinetの他の人の音もちゃんと聴こえるので、どこが
吹けていてどこが吹けていないかよくわかりました。
ついでにFluteやHornなど他の楽器の音もしっかり聴き取れました。

∮吹奏楽団みたいに迫力のある演奏ではないですが、各個人が受け持つ音に
対する責任度合いはこっちの楽団の方がはるかに大きいです。

なんせ、自分が吹かなかったらその音が抜けてしまうわけですから。

   --こういう楽団での演奏って、すごく勉強になるかも[ひらめき]

最近、大人数の∮吹奏楽団での演奏で感じていた何か物足りない思いというか
疑問みたいなものをこの別の楽団は見事に埋めてくれるような気がしました。

ありがたいことにClarinetの人からも団長さんからも「ぜひ入団して下さい!」と
ウェルカムの言葉を頂きました。
小ぢんまりしているだけにアットホームな雰囲気で、この日ルビィが見学に行く
ことは団員さん全員が知っていて、みんなが気持ちのいい対応をしてくれました。

見学は何回でもOKらしいので、あと何回か行ってみて正式に入団するかどうか
決めようと思います。

2つの楽団を掛け持ちするとなると時間的にも体力的にも大変ですからね。
団費も2つ分いるわけだし。(←ケチ)
もうすぐ新しい仕事も始まるし、続けていけそうかどうか考えてみます[わーい(嬉しい顔)]


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。