So-net無料ブログ作成
検索選択

「~させて頂く」の迷走 ≡3 [よもやま話]

普段よく聞く言い回しの中でどうしても気になるものの1つに「~させて頂く」が
あります。

本来「~させて頂く」は、自分の行動を相手に許可してもらった上で行うことを
へりくだって表現する言い方ですよね。

例えば、有名なお寺などで写真撮影が可能かどうかわからない時に係の人に
「写真[カメラ]撮らせて頂いても構いませんか?」と聞いたり、他人の資料などを
預ってコピーを取る時に「コピーさせて頂きます」と言ったり。

でも最近は、別に誰かの許可がいるわけじゃなくてアナタの意思でしょ?という
場合に「~させて頂く」を使っている人が多いですね。

TVのニュース番組で、放火未遂事件[どんっ(衝撃)]を110番通報した人がインタビュー
受けていた時に「なんとなく様子がおかしかったので通報させて頂きました」と
言っていました。

これって変じゃないですか?

通報したのはその人の判断です。
その容疑者に「通報するけどいい?」と聞いたわけじゃないでしょう。
事件を未遂で終わらせたお手柄を謙遜したい気持ちの表れかもしれませんが、
この場合は「通報しました」でいいと思います。

別のニュース番組で、某国会議員さんが自分のコメントを各方面から叩かれて
釈明の会見をしている時に「~という意味合いであのような発言をさせて頂いた
次第です」と言っているのを聞いたこともあります。

これも変ですよね?

発言の内容はともかく、その発言は某国会議員さんが勝手にしたもの。
誰かに許しをもらって言ったわけでも何でもありません。
おそらく丁寧な言い方をしているつもりなんでしょうが、自分の意思による行動を
説明するんだから「発言をいたしました」で十分だと思います。

と、こんなことをいちいち気にしていたらキリがないほど日常生活の中でおかしな
「~させて頂く」をよく耳にします。

仕事でも「私が司会を務めさせて頂きます」や「この度御社を担当させて頂く○○と
申します」などはとてもよく使われていますが、これも正しくはないですよね。

ちょっと話がそれますが、以前ルビィは月曜日の某TV番組で超トップアイドル
Nさんが「お客様のお好きな物を作らさせて頂きます!」と言っているのを聞いて
ものすごく違和感を覚えました。

これも「お作りいたします」がベストで、せめて「作らせて頂きます」がベターでは
ないでしょうか。
「作る」という言葉が変化する時に「」が入るのは聞き苦しかったです[ふらふら]

もう何年もその番組を観ていないので、今もNさんがそう言っているのかどうかは
知りませんが。

話を戻して、昨日はいつも以上におかしな「~させて頂く」に遭遇しました。

それは朝の通勤電車[電車]でのこと。
途中の駅を出発するたびに車掌さんが「ドアを閉めさせて頂きます」とアナウンス
していました。

さっきの国会議員さんと同じく丁寧に言っているつもりなんだとは思います。
でも、ドアが開きっ放しでは危なくて乗っていられません。
車掌さんがドアを閉めることに対して乗客に許可を得る必要はゼロです。

1番正しい言い方は「ドアをお閉めいたします」かもしれませんが、それはそれで
電車では聞かない言い回しなので、ここは慣例にならって「ドアが閉まります」と
言って頂きたいです。

ルビィも決して完璧な言葉遣いをしているとは言えません。
それはひとまず棚に上げて、他にも気になる日本語は色々あります。
   「よろしかったでしょうか?
   「~になります
   「ヤバい」(※ヤバくない時の)
などなど…

言葉は時代とともに変わっていくものではあるけど、変わらないでほしい言葉も
あるし難しいですね。
でもだからこそ面白いのかもしれません。
ルビィはそんな奥が深い日本語が大好きです。[ひらめき]


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 2

JOHN

ルビィさん!!同感です!
激しく同意!(ってこれも変な日本語^^;)

丁寧語のつもりで使う「させていただく」。
もう、気になっちゃってしょうがなかったんです。
自分も使ってしまうので、うっかりするとお客様への手紙が
「させていただく祭」状態になったりするのですが…(恥)
「さ入れ」言葉も気になりますね。
Nさん、誰だかわかりますよー。彼は「さ入れ」言葉連発してますから。

ああ、この話で一晩はお話しできそう(笑)
なんだか同じことを思っている人がいるとわかってとてもうれしいです。
by JOHN (2009-12-10 17:07) 

ルビィ

JOHN様:
大変長らくご無沙汰してしまい失礼いたしました。。

「させていただく祭」にウケました。
なんかすごく暑苦しいお祭っぽいですね。(^^;)
by ルビィ (2010-02-19 01:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。